UPDATE
規約 役員構成 役員選出規定 外国人会員 アーカイブ

日本都市社会学会役員選出規定

1.会長は総会において選挙権を有する全出席会員の直接選挙によって選出される。会長に選出された者は、理事および監事の被選挙権を有しない。

2.顧問は会長経験者のうちから、理事会の推薦を経て会長が指名し、総会で承認される。顧問は会長、理事および監事の被選挙権を有しない。

3.理事および監事は、総会において選挙権を有する全出席会員の直接選挙によって選出される。理事に選出された者は、監事の被選挙権を有しない。

4.前年度までの会費納入者は、選挙権および被選挙権を有する。ただし、新入会員はこの限りではない。

5.理事のうち4名は被選挙権を有する全会員中より選出し、他の4名は下記の各地区から各1名あて選出する。必要に応じてさらに1名を、事務局担当理事として会長が指名し、総会の承認をうけるものとする。原則として理事は、一大学・機関から1名とする。


1.北海道・東北地区  2.関東地区  3.中部・関西地区 4.中国・四国・九州地区

6.常任理事は理事のうちから、事務局長と事務局幹事は必要に応じて会員のうちから、会長が指名する。

7.選挙管理委員会は委員長1名、委員4名とし、選挙の行われる年に、理事会の議を経て会長が委嘱する。

付則

1.本規程は、昭和57年5月17日より施行する。
2.本規程は、昭和59年4月2日より施行する。
3.本規程は、平成9年4月1日より施行する。
4.本規程は、平成12年7月9日より施行する。
5.本規程は、2005年9月7日より施行する。
6.本規程は、2008年9月13日より施行する。
7.本規定は、2010年4月1日より施行する。

役員選出方法一覧

役職名
定数
選出方法
1.会長
1名
1名のみ記入
2.理事(全国区)
4名
4名連記
3.理事(地方区)
4名
各地区の者を1名のみ選んで記入
4.監査
2名
1名のみ記入

・役員構成についてはこちら